◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう
助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が全て終了しシステムの稼働開始後と決められています。
このことからJ-PECへの申込で受理をされなかった時でも、自治体の助成金の申請をすることが出来る場合もあります。

国の助成金制度とは異なっており、太陽光発電システム以外にもエコキュートなども存在しています。
中にはその他の省エネ設備と同時に導入をしなければ助成金制度をもらうことの出来ない制度の自治体もあります。
太陽光発電が注目されているのは何も日本だけではなく世界規模であり、急速な普及が課題となっています。
これまで電力会社に頼っていた電気を太陽光発電で確保してみてはいかがでしょうか? 地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
国が実施している導入助成枠が埋まってしまったら、まずは自治体で利用可能な助成制度の有無を確認しましょう。





◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しようブログ:2017/7/19

中学校の入学式の日、
あたしは制服を着て、小学校のグラウンドに集合しました。

地元の公立中学に入学するので、
ありきたりの制服なのですが、
それでも少しオトナになった気がして嬉しかったものです。

あたしには特段の想いもありました。
年末に、親父が入院し、紙一重の幸運で生還したのですが、
まだまだ本調子ではなかったと記憶しています。

親しかった何人かの友達のうち、
既にママが亡くなっていた友達もいたし、
あたしの親父と同時期に病に倒れ、
後に闘病の果て親父が他界される…といった友達もいました。

十三歳の春、
それぞれの環境や想いを抱いての入学でした。

親父はそれから二十四年間、元気に生きてくれましたし、
あたしたちの側から見れば、孫達とも逢えているので、
完全ではないにせよ、納得のいく人生だったのではないでしょうか。

親父が倒れたのはちょうどクリスマス。
どんなお正月だったのか全く覚えていませんが、
ママ方の叔母や祖母がとてもよくしてくれたことを覚えています。

幸い親父は戻ってくれましたが、
あたしの気持ちの中では、全くお正月どころではなかった…

将来の自分の行く末を考えたりしたことを後で恥じましたが、
当時仲良しだった友達も親父が闘病中で、
そのためではなかったにしろ、
ずいぶん一緒にいて、二人で色んな話をしました。

友達の親父は、
突発的な事態の急変であったあたしの親父とは違い、
時を経ることが命の長さと直結していましたから、
本当に瞬間瞬間が大切だったんだな、と今にして思うのです。

自分のことばかり考えていて、
自分が恥ずかしくなったのは、
そんなことを重ねている友達家族をみたからかもしれません。

◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう

★メニュー

◆基礎知識:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
◆基礎知識:太陽光発電における工事単価について
◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電
◆基礎知識:太陽光発電を導入するならセミナーに参加してみよう
◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる
◆基礎知識:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
◆基礎知識:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
◆基礎知識:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電
◆基礎知識:もっと太陽光発電について勉強しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報最前線!太陽光発電ステーション